延命地蔵菩薩
再建した本堂内とご本尊(中央「延命地蔵菩薩」)

 

寳持寺、豪雨災害を経て復興へ

平成11年6月29日(通称6.29豪雨災害)に起こった裏山の土砂災害による伽藍崩壊以降、1歩ずつ復興に向け進んでいます。

新聞記事

平成11年6月29日豪雨災害の記事(中国新聞)

災害前の寳持寺

災害前の寳持寺

災害を受けた直後の寳持寺

災害を受けた直後の寳持寺

涅槃図

災害を受け修復した涅槃図
※3月「涅槃会法要」時に荘厳。

地獄絵図1

災害を受け修復した地獄絵図
※8月「地蔵盆法要」時に荘厳。

地獄絵図2

平成24年に移転再建
した本堂

旧境内地に建設した光明塔

旧境内地に建立した
光明塔

修復を待つお釈迦さまのお弟子

災害を受け修復を待つ
仏像

大般若経六百巻

現在、灘尾記念文庫(大柿町大原)
に保管されている災害を受けた
大般若経六百巻
(写真:部屋干しの様子)

※檀家数の少ない当寺院は皆様の篤志による寄付金によって仏具の修復および伽藍の復興を進めております。

(今後の復興事業)
 ○庫裏・書院の再建(七堂伽藍の1つ。法務遂行の為に最も必要な建物です。)
 ○開山堂の再建(修復をした仏像も安置できる様にします。)
 ○鐘桜堂の再建(被害を免れた大梵鐘を安置します。)